-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
| スポンサー広告 |
2009-09-06 (Sun)
カツカツの“山のオキテ”に影響されてか
富士山に登ってみたくなった

ケド体力的に無理がありそう・・・


取り合えず近場で~
とたまたま山登りをしたかった友人と行ってきました



お昼にランチを食べて目的地に出発~
登り口のある新神戸駅まで行って

いざ登山@神戸摩耶山

色々調べたら3時間程で頂上に到着予定
山頂は夜景スポットで有名な場所なので
ケーブルカーが走ってるからそれで下山しようと・・・




最初はノンビリとちょっとハードながらも
そんなに無理な場所でもなく

自然に癒されながら休憩取りつつノンビリ登山

CIMG2894.jpg
布引の滝

CIMG2898.jpg
雄滝

CIMG2903.jpg
貯水湖



この後がさぁ大変~
まさかこんなにもハードとは・・・



暫く登って行くとすれ違うのはかなり本格的な装備の
おじ様&おば様方

すれ違いざま
“こんにちは~”
と山のオキテご挨拶しながらテクテクと歩き

段々と険しい本格的な山登りになっていって・・・



初山登りのアタクシ達
途中ですれ違ったおじ様に

“どこまで登るの???”
“摩耶山頂までの予定です~”
“・・・暗くなるけど懐中電灯持ってる???”

なんて言われかなり不安が・・・
果たして日暮れまでに到着するのか山頂???


でもここまで来たし最後まで登りたい!!
諦めずその後も山登り

段々とハードになり道なのか???
と聞きたくなるくらいの細い崖を通り

富士山オキテで登ってた道無き岩山と同じような
岩山をロッククライミングの如く登って行き・・・

一体ゴールまでどれ程の距離があるんだろう???
下山する人とすれ違うことも無くなり
道間違えたんじゃないかと不安に・・・


そんな時にすれ違ったお姉さま
“後どれくらいで摩耶山に着きますか???”
“う~~~ん1時間くらいかな???”

時計を見たらまだ15時前
日暮れまでには着けると山頂目指し再び登り

もう正直足はガタガタなくらい疲れ果て
何とか踏み外さないように岩山登り

急な階段登るコト1時間
まだ山頂は見えず・・・



そんな時に出会った下山するおじ様
残りの距離を聞いたらとても丁寧に教えてくれて

挙句の果てに
“甘いもの持ってるか???”
とキャンディーまで分けて頂き

暫く残りの道について談笑


不安いっぱいのアタクシ達
素敵なおじ様のお陰で萎えてた気持ちも回復

もう本当に言葉も交わせないくらい
かなりハードな道のり&階段を登りあげた時に

“あれ頂上じゃない???”
と友達が指差す先には鉄塔が

もうあと少し~
最後の力を振り絞り目指せ鉄塔~



そこから約30分程登って下って・・・
無事に着いた瞬間もう感激だった~!!



そこからは舗装された道路
道なりに歩いて行くと展望広場が

CIMG2905.jpg
神戸の街を見下ろす夜景スポット

かなりの絶景でした


少し下るとホテル(国民宿舎)があるので
晩御飯がてらディナーを

CIMG2908.jpg
イタリンのコースを頂きました


後はデザートって時にスタッフのお姉さんが

“本日はお車ですか?ケーブルですか???”
“ケーブルで下山します”
“本日強風の為最終便が19時半になるのでご注意下さい”

え!?
もう18時40分

慌ててデザートとコーヒーを流し込み
山頂のケーブル乗り場まで急ぐ

何とか最終便に間に合った

CIMG2921.jpg
ケーブルの中からは夜景の絶景
ちょっと写りが良くないけど

流石“100万ドルの夜景”と有名なだけあって
すごい綺麗でした





しかし甘く見てた登山
何とか無事に着いたから良かったけど

・・・ただ山頂に着いた時の満足感
かなりのモノでした

帰りの電車で友達と
“やっぱ富士山登りたい”
との話になり体力作る為に次はどこに登ろうか検討中デス




PS・・・家に着いた友達からメールが

体重計乗ったら減っては無かったケド
体脂肪が22%だったのに14.5%になってた!!

とご報告が

恐るべし山登り






スポンサーサイト
拍手する
| 日常 | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。